世界各地の旅行に出かけた際、怖いけどこれだけは死ぬまでには一度やっておきたいアクティビティってありませんか? 怖いどころじゃなくて、寿命が縮みそうな程、超クレイジーなアクティビティを今回は紹介していきます。

日本ではなかなかできない体験を海外で挑戦してみてはいかが? 旅一番の思い出になること間違いなしです!

1.中国「長空桟道」

【画像】http://labaq.com/archives/51778548.html

【画像】http://labaq.com/archives/51778548.html

中国五名山のひとつ華山は人気の高い観光地です。

その華山の中でも長空桟道は命がけのアクティビティ。

絶対に下を向けられない桟道です。

いくら命綱や鎖があるとはいえ、足元はたった十数センチの幅。

しかもここは「相互通行」! すれ違いをしなければいけないのです。

こんなところに修道院を建てたことも凄いですが、一般人も通れる桟道を作ったことも凄いです。

しかしこの長空桟道、毎月平均10人、年間で120人が命を落としている山だそうです。

ここまで危険を冒してまで行く先には絶景が待ってるので、それを見たいがために皆さんきっと挑戦しているのでしょうね。

スポットの情報はこちら

2.世界各地「ディナー・イン・ザ・スカイ」

【画像】http://by-s.me/article/60956793002994823

【画像】http://by-s.me/article/60956793002994823

文字通り、空の上でディナー「ディナー・イン・ザ・スカイ」はベルギーで誕生。

空で食事をしたい!というイベント主催者に貸し出すビジネスモデルをとっています。

どんなに豪華な食事を出されても高所恐怖症の人は地獄でしかない状況。

世界各地で定期的に行われてるそうです 体はきちんと固定されており安全性は十分あるみたいですが、空中での食事の感動と恐怖心は忘れがたい思い出になるはずです。

スポットの情報はこちら

3.ジンバブエ「悪魔のプール」

【画像】http://tabippo.net/crazy_activity/

【画像】http://tabippo.net/crazy_activity/

ジンバブエとザンビアの国境に位置する世界三大瀑布の一つヴィクトリアの滝。

ジンバブエ側、滝のギリギリの所にはくぼみがありプールになってるのですが、後ろの方は約100mの滝つぼ。

天然のプールに入るときは飛び込んで?!入るしかないとか。

すぐ近くに飛び込むと浅瀬になって怪我をしてまうらしい。

飛び込みはできるが、しかしその先は巨大な滝。

安全管理が十分とは言えない、泳ぎが得意から大丈夫とも言えない怖さがここにはあります。

スポットの情報はこちら

4.ネパール「エベレストからスカイダイビング」

【画像】http://tabippo.net/crazy_activity/

【画像】http://tabippo.net/crazy_activity/

世界最高峰の山エベレスト。

ここからスカイダイビングをする人々がいるそうです。

標高約9000mの高さから飛びエベレストの絶景を楽しめます。

しかし降り立つ先も標高約400m、空気も薄い場所です。

飛んでる間は約1分間だそうですが壮観な眺めは最高で、この絶景を楽しみに皆さんチャレンジするんでしょうね。

空気が薄くパラシュートは通常の3倍の大きさ、気温も氷点下、品質の高いアンダースーツで保温も必要、値段はというと1回約250万円。

普通のスカイダイビングとは一味も二味も違う超スリリングな体験をぜひ一度体験してみては。

スポットの情報はこちら

5.アメリカ カンザスシティ「世界一高いウォータースライダー」

【画像】http://jp.reuters.com/article/tallest-water-slider-idJPKBN0FG0F620140711

【画像】http://jp.reuters.com/article/tallest-water-slider-idJPKBN0FG0F620140711

アメリアのカンザスシティに完成した「世界一高いウォータースライダー」。

その高さは約50m、ナイアガラの滝よりも高く、そのスピードは時速105km/hr程まであがるそうです。

スライダーの浮き袋型の乗り物に乗って時速105kmの速さで約50mを急降下するのは想像よりはるかにスリルを体験することができるのではないでしょうか。

長い休みでお子さんをプールで遊ばせようと考えてる時、アメリカまで足を伸ばし、怖いけど楽しくて思い出に残るアクティビティをぜひ体験させてはいかがですか。

スポットの情報はこちら

6.アメリカ コロラド州「ジャイアント・キャニオン・スイング」

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0-2

【画像】https://tabimo.jp/1044

アメリカコロラド州にあるグレンウッド・スプリングスに、世界一怖いブランコが楽しめる!?「ジャイアント・キャニオン・スイング」があります。

断崖絶壁の土壇場コロラド川の上空400mを時速80kmでスイングします。

さらに何が怖いっかって、ブランコに乗るためには「このアクティビティにより落下、けが、または死が発生するかもしれません」と書かれた権利放棄にサインをしないとしけない。

絶叫系というより絶望系と言ったほうがいいのか・・。

こんな怖いアトラクションでも楽しみたいという方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポットの情報はこちら

7.ドバイ「世界一高所にあるテニスコート」

【画像】http://spown.jp/cat44/post-181.php

【画像】http://spown.jp/cat44/post-181.php/

アラブ首長国連邦ののドバイにある「ブルジュ・アル・アラブ」は地上約200mの天空のテニスコート。

テニスコートとして使用される他、ヘリポートとしても使用されています。

柵もないテニスコートでプレイなんて、危険で寿命が縮みそうですね。

コートアウトしたボールはもちろん回収不可能。

下を見降ろそうも、腰がひけてしまいそうです。

スポットの情報はこちら

8.ニュージーランド「ジェットボード」

【画像】http://www.newzealand.com/jp/jet-boating/

【画像】http://www.newzealand.com/jp/jet-boating/

ニュージーランドのアドベンチャー「ジェットボード」はボート内のエンジンに水を取り込み、船尾かあら勢いよく噴射させ推進力を得るという仕組みです。

ジェットボードは自然の中を疾走し、すぐに大自然を眺めてる余裕なんてないほどの恐怖が襲ってきます。

幅の狭い渓谷を猛スピードで通過し、岩壁ギリギリですり抜ける怖さはなんとも言えないでしょう。

生半可な気持ちで挑めないこのエキサイティングな体験はスリルを味わいたい人にはもってこいのアクティビティになるに違いないです。

スポットの情報はこちら

9.オランダ「クライミング」

【画像】https://retrip.jp/articles/195/

【画像】https://retrip.jp/articles/195/

オランダにある世界一高いクライミング施設「エクスカリバータワー」その高さは約37m。

うねりのある建物でスリルのある高さはクライミング好きにはたまらない場所ではないでしょうか。

昇り切ったあとに見渡す田園風景は最高で、体験する価値はありそうです。

昇るのももちろん大変ですが、この高さから降りていくのも中々の勇気がいりそうですね。

スポットの情報はこちら

10.インド「観覧車」

【画像】http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51791400.html

【画像】http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51791400.html

インドにある人力の観覧車があるのをご存知でしょうか。

時々停電になったり、電気の供給がストップすると当然観覧車は止まります。

そこで考えた策が「人力で回す」ということ。

男性達が足でこいで回したり、時にはアクロバティックな回し方をする場合もあります。

人力なのでさほどスピードはないが、安全ベルトもカバーもない、落ちたら怪我だけで済むだろうかと思わせる恐怖感はスリルを求めてる人にうってつけのアクティビティなのかもしれない。

スポットの情報はこちら

恐怖心も楽しくなれば それはいい思い出になるはず

旅先ならではのクレイジーな体験は最高に楽しいですが、安全第一が絶対なので、くれぐれも無理はしないで楽しみましょうね。

怖いけど楽しい世界のアクティビティ10選、死ぬまでには一度やってみて思い出作りにどうですか。