歴史ある街『京都』。

歴史を感じながら観光し、お腹が空いたら美味しい料理を食べる。

食べるならご当地グルメを食べたい!と思っても何が人気あるご当地グルメなのかが分からない・・・という方も多いのではないでしょうか。

そんな方に京都でしか食べれないご当地グルメをランキング形式でまとめてみました。

京都美食グルメ10選、京都で美味しいものを食べたい時の参考にしてみてください。

   

第10位 みたらし団子(みたらしだんご)

【画像】http://tomzow.seesaa.net/article/187308969.html

【画像】http://tomzow.seesaa.net/article/187308969.html

漢字で書くと「御手洗団子」。

京都市左京区下鴨の下鴨神社が行う『御手洗祭』を語源とするお団子です。

今や全国区に広まっているみたらし団子ですが、実は京都のご当地グルメです。

団子の表面を軽く焼き、それに絡めた香ばしい餡。

一つ一つが小さいのでペロッと食べれます。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 加茂みたらし茶屋 (かもみたらしちゃや) 【住所】 京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53 【TEL】 075-791-1652 【営業時間】 9:30~19:00(ラストオーダー 18:00) 【定休日】 水曜日(祝日営業) 【アクセス】 京都市バス 下鴨神社前下車すぐ 【HP】 加茂みたらし茶屋 - 上賀茂・下鴨 [アクアディーナ京都版]

第9位 一銭洋食(いっせんようしょく)

【画像】https://www.hotpepper.jp/strJ000893515/

【画像】https://www.hotpepper.jp/strJ000893515/

お好み焼きのルーツとなった粉もの焼きの元祖が『一銭洋食』。

現在でも京都祇園で愛されている食べ物です。

当時は一銭で食べられたという手軽さがネーミングの元で、今では観光客にも人気のご当地グルメです。

今では試行を重ね現代流にアレンジ(具のネギ、卵、出汁、小麦粉、肉などを吟味し厳選)されさらに美味しく仕上がっています。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 壹銭洋食 (イッセンヨウショク) 【住所】 京都府京都市東山区祇園四条通縄手上ル祇園町北側238 【TEL】 075-533-0001 【営業時間】 [月~土]11:00~翌3:00、[日・祝]10:30~22:00 【定休日】 無休 【アクセス】 京阪本線「祇園四条」駅(7番出口)から徒歩1分 【HP】 京都祗園名物「壹錢洋食」 京風おやつ感覚で人気のお好み焼の元祖

第8位 わらびもち

【画像】http://youpouch.com/2010/08/08/115328/

【画像】http://youpouch.com/2010/08/08/115328/

夏の定番和菓子の代表格「わらびもち」は京都では地元の人も認める最上級なスイーツです。

美味すぎて通夜の準備が必要になるほどと言われています。

注文を受けてから職人が手作りするお店や独自の味を提供するお店もあって食べ歩きにも最適なご当地グルメです。

    ▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 茶寮 宝泉 (さりょう ほうせん) 【住所】 京都府京都市左京区下鴨西高木町25 【TEL】 075-712-1270 【営業時間】 10:00~17:00 (L.O.16:45) 【定休日】 水曜・木曜 (祝日の場合、翌平日休み) 【アクセス】 市バス・京都バス「下鴨東本町」バス停から徒歩3分 【HP】 京都の和菓子/あずき処「宝泉堂」

第7位 くずきり

【画像】http://www.kagizen.co.jp/kissa/?p=81

【画像】http://www.kagizen.co.jp/kissa/?p=81

ところてんのように見えますが、歴とした京都の夏のデーザートです。

京都人おすすめの夏の冷菓の代表といえばこの「くずきり」。

もちっとコシのあるくずきりがコクのある黒蜜に絡まりつるつると食べれます。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 鍵善良房 本店 (かぎぜんよしふさ) 【住所】 京都府京都市東山区祇園町北側264 【TEL】 075-561-1818 【営業時間】 [菓子販売]9:00~18:00、 [喫茶]9:30~18:00 (ラストオーダー 17:45) 【定休日】 月曜日 (祝日の場合は翌日) 【アクセス】 京阪本線「祇園四条駅」7番出口から徒歩3分 【HP】 鍵善良房 | 京都祇園の和菓子屋「鍵善良房」のウェブサイト

第6位 すぐき

【画像】http://www.suguki-narita.com

【画像】http://www.suguki-narita.com

京都の三大漬物といえば「千枚漬」と「柴漬」とこの「すぐき」です。

「酢茎」とも書き、“かぶ”のような形をしています。

関西では比較的一般的なものですが、京都の食卓には欠かせない立派なご当地グルメ。

“ラブレ菌”が入っておりインフルエンザ予防効果、免疫力アップの効果が高いと注目され、近年健康効果で見直されてきました。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 御すぐき處 京都なり田 本店 (おんすぐきどころ きょうとなりた ほんてん) 【住所】 京都府京都市北区上賀茂山本町35 【TEL】 075-721-1567 【営業時間】 10:00~18:00 【定休日】 元旦(不定休あり) 【アクセス】 京都市営地下鉄烏丸線「北山駅」から1,310m 【HP】 京都の漬物なら京漬物の御すぐき處京都なり田

第5位 大徳寺納豆(だいとくじなっとう)

【画像】https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26019686/

【画像】https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26019686/

長い歴史を誇る京都の伝統食のひとつ「大徳寺納豆」は、いわゆる納豆と違ってねばりもなくポロポロとしています。

どちらかとお味噌やお醤油の種類に近いもので、醸造製品の部類に入ります。

発酵食品でご飯のおかずにも、実は京菓子の中にも入っていることがあります。

時代を超えて喜ばれるご当地グルメです。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 一休こんぶ 松田老舗 (いっきゅうこんぶ まつだしにせ) 【住所】 京都府京都市北区紫野下門前町37 【TEL】 075-492-4679 【営業時間】 9:00~18:00 【定休日】 無休 【アクセス】 京都市営地下鉄烏丸線「北大路駅」から1,065m 【HP】 京都大徳寺 一休こんぶの松田老舗

第4位 豆大福(まめだいふく)

【画像】http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kashigoyomi/entry/004.htm

【画像】http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kashigoyomi/entry/004.htm

全国的に有名な豆大福ですが、元々は京都の定番和菓子です。

甘さ控えめな餡子、そして豆の程よい塩味。

そしてそれらを包む餅。

絶妙なバランスで作られた豆大福は絶品です。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 出町ふたば (でまちふたば) 【住所】 京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236 【TEL】 075-231-1658 【営業時間】 8:30~17:00 【定休日】 火曜・第4水曜 (祝日の場合は翌日)*お正月休みは長めです 【アクセス】 京阪電気鉄道「出町柳駅」から徒歩5分 【HP】 出町ふたば

第3位 金平糖(こんぺいとう)

【画像】http://memo.sanographix.net/post/92901848055

【画像】http://memo.sanographix.net/post/92901848055

子供の頃食べたことがある金平糖。

京都には日本で唯一の金平糖専門店があります。

定番の懐かしい味の金平糖から今風なモダンな味の金平糖まで多種多様にあります。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 緑寿庵清水 (りょくじゅあんしみず) 【住所】 京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地の2 【TEL】 075-771-0755 【営業時間】 10:00~17:00 【定休日】 水曜・第4火曜 【アクセス】 京阪電気鉄道「出町柳駅(2番出口)」から徒歩10分 【HP】 緑寿庵清水  

第2位 湯豆腐(ゆどうふ)

【画像】http://www.kyoto-sagano.jp/menu.html

【画像】http://www.kyoto-sagano.jp/menu.html

京都の伝統料理の1つ『湯豆腐』。

京都の豆腐は美味しいと有名で、そう言われるのには訳があります。

豆腐の成分の約90%は水分、京都は名水といわれる質の良い地下水や清水に恵まれていたことが大きく影響しています。

それと大豆の産地が近いことも関係しています。

質の高い材料で作られた豆腐。

舌触りが良く、コクある湯豆腐。

これらが有名と言われる理由です。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 嵯峨野 (さがの) 【住所】 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45 【TEL】 075-871-6946 【営業時間】 11:00~19:00 【定休日】 7月第4水曜と木曜、12/30、31、1/1 (計5日間) 【アクセス】 JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩12分 【HP】 湯豆腐 嵯峨野

第1位 天下一品(てんかいっぴん)

【画像】https://tabelog.com/rvwr/katoh/diarydtl/19317/

【画像】https://tabelog.com/rvwr/katoh/diarydtl/19317/

ここに来てチェーン店である天下一品?と思われる方がいるかもしれないですが、天下一品は京都が発祥の地です。

総本店は京都にあります。

総本店で食べる「こってり」中華そばは他店で食べる中華そばより美味しいです。

▼オススメの店舗情報▼ 【店舗名】 天下一品 総本店 (てんかいっぴん) 【住所】 京都府京都市左京区一乗寺白川通北大路下ル西側 メゾン白川 1F 【TEL】 075-722-0955 【営業時間】 11:00~翌3:00 【定休日】 木曜日 【アクセス】 叡山電鉄叡山線「茶山」駅から徒歩10分 【HP】 天下一品 総本店

まとめ

お菓子から食卓で食べるおかずまで様々な美食がありますが、そのどれもが古くからあり伝統を守りながら作られています。

しかし、ただ伝統を守りながら作っているだけでなく時代に合わせた製法、種類と変化しながら今に伝えられている感じがします。

京都に行き、美味しいグルメを食べたい時の参考にしてみてください。