「もしも、家族に認知症の疑い」があるかも・・・ そんな不安を抱いたことはありませんか? だけど、ただ他の物忘れかもしれないと思う気持ちもありますよね。

今回は、早期に気付くための20の兆候とその対策についてご紹介。

事前に知っておくだけで、早い段階で対処できるため、ぜひチェックしてみてください。

1.認知症とは?

【画像】http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_7416.html

【画像】http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_7416.html

・忘れ物が多い

・財布はどこに置いたかわからない

・やる気がでない

・料理していても焦がすことが多い

・買い物行っても同じものが多い

もしかしたら、このような気づきにくいちょっとした小さな異変がありませんか?

それって、認知症の始まりであり、初期の認知症の症状のサインかもしれませんね。

認知症の症状は、今でこそ認められる病気です。

かつては「阿呆症」とも言われていたり、気が付いた時点で、対策や治療ができない病気だと考えられていました。

知症と言っても、一つだけではなく症状によっては、完治が難しい病気もあります。

しかし、しっかりと治療を行う事で病気の進行を遅らせる事や症状を改善させることも出来る病気になってきました。

その為に、何よりも早期発見をすること、そして、適切な治療を始める事が最も大切です。

2.認知症の初期症状とは?

【画像】http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_3356.html

【画像】http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_3356.html

認知症は、進行性の病気です。

つまり、初期症状を見逃せば認知症の症状が、かなり進行していると思ったほうが良いでしょう。

そこまで、進行がいかないようにするには、出来る限り初期の段階で病気に気が付かないといけません。

早期に気が付けば、治療についても症状を遅らせたり改善すなど対応も違います。

初期のサインを見逃すと症状は重症化になっていることがあります。

そこで、いつもと違う行動や言語について、見逃さないように気を付けてみましょう。

初期症状を見逃す理由

・初期症状に気が付いたけど、重大とは思わずに見逃す

・認知症と言う病気についての知識が乏しい

  認知症って、突然に起こる病気ではありません。

長い年月の中で、少しづつ進行し気が付いたら認知症になっていた。

そのため、家族や周囲や本人でも「何かおかしい」と感じていても、そのままに放置していませんか? 「一時的だから大丈夫」と受け止めないで、初期のサインを見逃していた。

重大なサインを出していたのに。

3.認知症の兆候

【画像】http://認知症予防.biz/entry6.html

【画像】http://認知症予防.biz/entry6.html

普段からしっかりしていた人や几帳面だった人やそして、健康そのものだった人。

また脳内出血で一命を取りとめた人など物忘れが多く気がする。

ちょっとした事だけど何か違う、顔つきも変わった、会話のやり取りができていないなど、今までと違う。

そんな違和感を感じつつも、もしかして【認知症】?それとも年だから「物忘れ」? どっちだろうと悩みますね。

しかし、認知症には【兆候】があるんです。

では、認知症の兆候として、どんな症状なのか見ていきましょう。

認知症の兆候(初期症状の段階)

認知症の兆候の例をいくつかご紹介します。

1.何度も同じことを言った知聞いたりする

2.この頃様子がおかしいと周りから言われてる

3.失敗を棚に上げて他人のせいにする

4.物や人の名前が出てこない

5.置き忘れや探し物が多い

6.物が盗まれたと妄想が起こる

7.曜日や月日が分からない

8.会話がずれる

9.判断や決定に関するものが出来ない

10.ほんのちょっとの事でも怒りやすく落ち着きがない

11.人の意見を聞かない

12.顔つきが変わったり、疑い深くなる

13.薬の管理や金銭的な管理ができない

14.同じ服装、下着のまま替えずに身だしなみを構わなくなる

15.身ぎれいの人がお化粧をしなくなる

16.趣味や興味を示さなくなり、一日中ぼんやりしている

17. 慣れた道でも迷う

18.化粧した人がしなくなる

19.外出時に何度も持ち物を確かめる

20.ふさぎ込んだり億劫になったりと嫌がる


普段の生活の中、おかしいと思う物があれば、それは認知症の初期症状と疑ったほうが良いでしょう。

4.認知症が起こる原因

【画像】http://www.irasutoya.com/2015/04/blog-post_902.html

【画像】http://www.irasutoya.com/2015/04/blog-post_902.html

脳が委縮など起こる事で脳細胞がダメージを受けたりすれば、認知機能に障害として現れる病気です。

また認知機能は、外部との情報を【記憶】や【判断】したりすることで「認識」する能力です。

そこで、認知症の症状には主に2つの症状があります。

「中核症状」と「周辺症状」です

・中核症状

認知機能が何らかの障害で現れる症状を【中核症状】と言いますが、【認知機能障害】とも言います。

症状として、脳の神経細胞が死んで行く事で障害として現れて、直接発生を起こします。

つまり、症状によっては、周囲で起こっている現実に起こっていることを正しく認識が出来なくなります。

・記憶障害

つい最近の聞いた事さrも思い出せないなど新しい記憶が出来ない。

また、進行がすれば以前の記憶でさえも失われます。

・見当識障害

時間や季節感の感覚が薄れていきます。

という事は、迷子になったり知らずに遠くに歩いて行こうとします。

さらに進行が進めば、自分の年齢や家族など生死にかかわる記憶まで失います。

・理解力・判断力の障害

思考能力が低下し、2つ以上の事が重なると誰と話しているのかさえ、わからなくなります。

つまり物事についての考え(誰と話しているのかなど)た場合。

そして、些細な変化や普段と違う出来事で混乱が生じるなど症状が起こりやすくなります。

例として 倹約と心がけていながら高額な商品を購入した。

また、自販機や銀行のATMなどまごついたりと今まで出来たことができないなど症状が現れます。

・実行機能障害

買い物しても同じものを購入してしまう。

料理も同時進行が出来ないなど自分では計画が立てられない。

全くの予想外に対しても柔軟に対応が出来ないなど物事がスムーズに進まない。

・感情表現の変化

感情の起伏が激しくなる。

今まで笑顔で会話していてもいきなり怒り出す。

その場の状況がうまく認識が取れないなど周囲の人が予測できない

・周辺症状(行動・心理症状)

本来、持っている性格や環境とそして、人間関係など様々な要因が絡み合って起きてしまうこと。

その症状は、うつ状態や妄想と言った心理面や行動面の症状が現れます。

能力が低下:引っ込み思案になる

出来た事が出来なくなる:自身を失くし、すべてが面倒になる

しまい忘れ:他人への物を取られ妄想が強く出る

身内に対して:物事をオーバーに言ったり、行動がちぐはぐとなり徘徊する

2つの症状の違い

中核症状は、脳の障害そのものが原因と見なし、認知機能が低下した方であれば、誰でも起こる症状です。

その一方、周辺症状は、必ずしも全員に起こる症状ではありません。

なので、中核症状が現れている場合は、本人の性格や生活環境で起こりやすいと言えます。

5.認知症の兆候があったら早めの診断を

【画像】http://mitsuhashi-hospital.jp/news/他人事ではない!認知症とは?その症状と兆候を/

【画像】http://mitsuhashi-hospital.jp/news/他人事ではない!認知症とは?その症状と兆候を/

認知症の兆候かもっと思ったら、早めに病院に行き検査を受けてみましょう。

早めに診断すれば、もしかしたら別の病気だった可能性もあります。

それが例え認知症であったとしてもです。

原因となる病気によっては、「早期治療で治る」場合もありますし、「進行を遅らせる」場合もあります。

ただ、病院に行くに遅くなれば遅くなるほど、その治療効果も薄くなり、さらに深刻な状態になる場合もあります。

なので、まずは専門家の医者に受診されることを望みます。

ただし、診て頂くにも認知症の診察を経験してきた医者に訪れることが最も重要です。

なぜなら、認知症の知識や経験不足の医者に診断し適切な投薬などされた場合です。

この効果は症状が悪化させることになりかねないのです。

そして、一人で悩まないで専門家などで相談する事をすすめます。

まとめ

いかがでしたしょうか。

認知症の対策として、早期発見が何よりも大切な事です。

日常の生活の中で、普段からの変化に気を付けながら、常に会話などコミニュケーションを取るようにしてくださいね。

コミニュケーションは、認知症の早期発見に最も大切であり必要な事です。