学校での修学旅行、会社での社員旅行などで神社仏閣を見たりと、一度は遊びに行ったことがある京都。

何度も京都に出かけても、魅力が多く、飽きる事はありません。

一年を通じて四季折々の顔を見せる京都は、有名な神社仏閣も見どころ満載です。

千年以上の歴史がある京都。

海外からの旅行者でも人気のある京都です。

有名な神社仏閣を含めてお気に入りの観光スポットを紹介します。

1.清水寺 音羽の瀧

【画像】http://blog.goo.ne.jp/hirokikurioka/e/0ed556121cad759bf13f6ba5f247911c

【画像】http://blog.goo.ne.jp/hirokikurioka/e/0ed556121cad759bf13f6ba5f247911c

何故、人気なのかというと・・・音羽山から下りてきた地下水が千年以上も途切れることなく流れている水が「音羽の瀧」となっているのです。

そして、「音羽の瀧」の滝筋が3か所分かれて流れて落ちる清めの水を柄杓で汲みます。

柄杓で汲んだ水を六根清浄されることで、所願成熟されるのです。

「六根清浄」とは、人間に備わっている五感と意識の根幹でもある第六感を清める事を言います。

ただ、3つの滝筋道があるので、どれがと言うのはありません。

「延命長寿」・「恋愛成熟」・「学問上達」とあり、それぞれの後利益があるので、今、一番祈りたいものが良いのではと思います。

ただし、後利益が効くのは、3/1です。

2種類飲めば、後利益は半分に、全部飲めば後利益は…となります。

なので、欲張らないように、これが一番ですよ。

ちなみに、茶の湯でも使われている程、名水に選ばれています。

2.縁結びと言えば 地主神社(じしゅじんじゃ)

【画像】http://powspotter.info/?p=211

【画像】http://powspotter.info/?p=211

清水舞台から過ぎたところに小さな神社があります。

縁結びの神様が祀られている地主神社ですが、女性の姿や時にはカップルの姿も多い人気のパワースポット。

ここの神社では、境内に「恋占いの石」があり、左右にある医師の間を目をつぶりながら歩き、たどり着いたら恋が叶うと言われています。

もし、神社に行き実際に目を閉じて挑戦している方を見掛けたら、温かい気持ちで見守ってあげてください。

また、「恋占い石」ですが、何でも縄文時代からの遺物とも言われておりますが、この神社そのものが古くからある建物です。

日本建国以前からという長きにわたる程の歴史を感じさせる神社。

良縁関係なく一度は立ち寄ってみたい場所ですね。

3.随求道(ずいぐどう)で胎内巡り?

【画像】http://shimashimaseikatu.com/wp/?p=2569

【画像】http://shimashimaseikatu.com/wp/?p=2569

2000年から体験ができるようになった胎内巡り。

それまでは、体験すらできませんでした。

なので、清水寺に行ったことはあるけど、胎内巡りをしていない方、足を運んで行って見てはいかがでしょうか。

胎内巡りですから、当然暗闇。

その暗闇の中、壁の手すりに沿ってゆっくりと歩き進むとスポットライトによるぼんやりと照らされた梵字が見えるかと思います。

その梵字の刻まれた石をなでると、お願い事が叶うと言われています。

また、胎内巡りは、清水寺に行く途中に随求堂(ずいぐどう)で体験ができます。

他にも随求堂の前庭にある石灯篭を見てください。

そこには景清爪形観音様があります。

これは、平景清が自分の爪で彫刻した観音様が祀ってあるのです。

暗くて見えにくいかもしれませんが、晴天時には観音様の一部が見えると言われているので、試しに除いて見てはいかがでしょうか。

もしかしたら見れるかもしれませよ。

 

4.貴船神社で水占い

【画像】http://kyotomoyou.jp/kifunejinja-20120425

【画像】http://kyotomoyou.jp/kifunejinja-20120425

貴船神社というと、水占いが有名です。

まず、神社で200円で水占いの紙を購入します。

その時に水占いの紙は、真っ白のまま何も書かれていません。

では、どこで、水占いをすのかというと。

社務所の右手、山側に御神水と呼ばれている小さな池があります。

その池に水占いの紙を浮かべますが、貴船神社の水占いは恐ろしいほどよく当たります。

なので、占いで「凶」や「大凶」が出ても、慌てないでください。

貴船神社そのものが、浄化してくれる場所でもあり、水占いに使われる御神水は清浄な力があります。

貴船神社の空気と御神水に触れる事で清め浄化されますよ。

5.貴船で川床料理はいかが

【画像】http://happy-trendy.com/kawadoko-kifune-4489

【画像】http://happy-trendy.com/kawadoko-kifune-4489

夏の京都は、暑い。

ですが、不思議と貴船では京都市内でも10度くらいの温度差があります。

という事は、京都市内よりも涼しいと言えますね。

そこで、涼を求めてながら懐石料理を食べに貴船に行ってみましょう。

貴船では、「川床(かわどこ)」と言い、鴨川では「床(ゆか)」と言います。

貴船川の風は自然がもたらす天然の冷房であり、マイナスイオンを肌で感じるので、貴船に寄ったら、一度は川床料理を堪能してみたいと思いませんか? ただ、川床料理を味わえるのは、夏限定が多いです。

ですが、時期が外れても川魚の料理は味わえますので、安心して訪ねてくださいね。

6.嵐山の竹林を見に行きませんか

【画像】http://kyotomoyou.jp/saganochikurin-20160609

【画像】http://kyotomoyou.jp/saganochikurin-20160609

嵐山と言うと、春は桜、秋は紅葉が有名ですが、夏の嵐山も良いですよ。

まっすぐ伸びた竹林に藁葺で作られた小道の中を散策するのはとても気持ちがよく、京都花灯篭の時期はライトアップされるので、多くの方が訪ねてきます。

嵐山の竹林は美しいと言われており、何度もTVなど出ているほど有名なので、嵐山に来たら立ち寄ってくださいね。

竹林に入ると、空に向かってますぐに伸びている竹林は圧巻の一言ですが、竹の葉と葉の隙間から陽の光が差し込む風景は幻想的な雰囲気を演出させてくれます。

そして、竹林を通ると天龍寺や大河内山荘付近と続く道があります。

この場所は、TVやドラマ・CMなど撮影地になっており、近年は海外の方も多く訪ねています。

ライトアップされた竹林の小道も昼間と違い、また違った雰囲気を出してくれますよ。

7.野宮神社

【画像】http://powspotter.info/?p=237

【画像】http://powspotter.info/?p=237

嵐山ではパワースポットでもある野宮神社。

野宮神社の特徴として黒木の鳥居は、古来からの神社様式から今でも守り続けています。

なので、今風の赤い鳥居ではありません。

また、縁結びの神社としても人気の神社です。

こちらの神社は、伊勢神宮に使える皇女がお参りしていた神社で、今も斎宮行れるという平安時代の斎王郡を最げ行したお祭りが見られるので行く価値はありますよ。

源氏物語が好きな方、能が好きな方には一度行って見てはいかがでしょう。

8.花見小路通り

【画像】http://find-travel.jp/article/7877

【画像】http://find-travel.jp/article/7877

舞妓や芸子と言ったら、祇園町ですね。

京都の祇園は、八坂神社の中心に栄え、その中でも花小路通りは、京都らしい風景と石畳が続いている場所と言えば、花小路通りと言ってもいいでしょう。

それと、石畳を歩くなら南側が京都の雰囲気が出ているのでおススメです。

料亭やお茶屋さんも多く立ち並んでいるので、京都に来たと感じます。

夜の花見小路通りでは昼間との雰囲気も違い、舞妓さんや芸子さんに会うことができますよ。

9.舞妓・芸子姿になってみませんか

【画像】http://find-travel.jp/article/366

【画像】http://find-travel.jp/article/366

京都に来たら、一度は舞妓さんや芸子さんの姿で京の街を歩いてみたいですよね? 京都の着物は西陣織なので、華やか着物が多くあります。

そこから自分が着たい着物を選ぶだけでも、悩みつつも楽しくなりますよね。

憧れの舞妓姿になって、京の街を歩くのも思い出として残りますよ。

舞妓姿になるには、花街に行くと良いでしょう。

花街は、お茶屋が多い中で舞妓姿なれるお店もいくつかありますので、予約してから行くと良いですね。

着付けもしっかりとしてくれるので、着崩れもなく一日舞妓姿にいられますので、おススメですよ。

10.河合神社

【画像】http://besanee.jp/travel/4631/

【画像】http://besanee.jp/travel/4631/

女性ならいくつになっても「綺麗にいたい」と願っていますよね。

そこで、ここの神社。

実は、美麗の神・「玉依姫命(たまよりひめみこと)」が祀られているんです。

なので、「綺麗になりたい」「美しくなりたい」「可愛くなりたい」など思っている女性が、ご利益を求めて、絶えず足を運んでいるんですね。

また、ここの神社の特徴は、 「絵馬」です。

絵馬の形が手鏡の形をした絵馬が特徴で、手持ちのメイク道具や境内のクレヨンを使って、自分の理想となる顔を仕上げて奉納します。

それに絵馬を仕上げるに「化粧室」も用意されているので、ゆっくりと丁寧に絵馬を完成させることができますよ。

他の神社では、見られない絵馬ですが、自分の願う理想の顔を思いながら絵馬に書いてみませんか。

絵馬を書いたところで、色白肌を願ってみませんか。

河合神社の境内に「御白石(おしらいし)」と言う、白石が祀られています。

この石を触れて、その触れて手で自分の顔をなでると色白の肌になると言われているんですよ。

綺麗になりたい条件に美白は外せませんよね。

試しに触れてみてはいかがでしょうか。

色白美人になるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

京都は、何度も足を運んでも飽きる事はありませんね。

行った先々で、新しい京都を発見できるから、何度でも行って見たい場所でもありますね。

それに、京都で着物姿で歩くとお得な事が多々あるので、ぜひ着物姿で京の道を歩いてみてはいかがでしょうか。

京都で着物姿は、おススメしますよ。